オンラインカジノアフィリエイト

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

home研究・産学官連携 search ENGLISH home立命館大学 home研究・産学官連携 homeRADIANT アジア 災害と生きる スポーツ 少子高齢化 食 機械と人の未来 KYOTO こころ 世界とつながる いのち ことば・文字・コミュニケーション 環境 サステイナブル QOL 宇宙 音 家・家族 ゲーム・遊び 地域/Regional 再生 脱炭素--> homeENGLISH menu STORY #1 先進技術で描く、運動が日常になる未来 伊坂 忠夫 スポーツ健康科学部 教授 西浦 敬信 情報理工学部 教授 塩澤 成弘 スポーツ健康科学部 准教授 1 2 身体の調子を計測し適切な運動をアドバイスしてくれる夢のアンダーウェア。 人は必ず年をとる。しかしその老い方は必ずしも一様ではない。健康にイキイキと年齢を重ねる人もいれば、病気になったり寝たきりになってしまう人もいる。「いくつになっても元気でいたい」とは誰しもが願うことだが、少子高齢化に伴って介護や医療にかかる負担が増大する現代では、「健康寿命」の延伸はもはや個人の願望を超え、国を挙げて取り組むべき課題の一つになっている。 文部科学省が2013年にスタートさせた「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」でも、3つのビジョンの一つに「少子高齢化先進国としての持続性確保」が掲げられている。2013年にトライアルとして採択され、2015年から国を代表する先進的な研究拠点COI STREAMに本採択されたのが、今回紹介する「運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点」。ここでは運動を日常化させることによって健康寿命の延伸に貢献することを目指している。 「『空間』を切り口に運動の日常化を実現しようとするところが我々の拠点の特長です。現在『空間価値』を根本から変えるような新しいスポーツ健康技術(スマートウェア技術、空間シェアリング技術、運動誘導/継続技術)を研究しています」と語るのは拠点研究リーダーを務める伊坂忠夫である。「2015年からはロコモの予防によって『寝たきりゼロ』を目指す順天堂大学の研究チームがサテライトとして加わり、『スポーツ・運動』と『医療』の両側面から健康の維持・増進に寄与する研究を進めています」と進捗を報告する。 運動中はもちろん、オフィスでも、運転中、就寝中にも着用し、計測する。計測のためにわざわざ着るのでなく、衣服として生活の中で身につけられるクオリティを目指す。 データはリアルタイムでフィードバックされ、多世代にわたるユーザー間のコミュニケーションを促すなど、自然と運動をしてしまうようなシステムを作り出す。インターネット越しの診断にも役立てられる。 「研究だけで終わらず、企業との連携によって社会実装までを目標に据えている」と伊坂が説明する各研究は、いずれも子どもの描く「夢の未来」に出てきそうな驚きにあふれている。 例えば「スマートウェア技術」を研究する塩澤成弘は「心身の状態を計測できるアンダーウェア」の開発に東洋紡と取り組んでいる。アンダーウェアに生体の状態を計測するデバイスを取り付け、体温や発汗、血圧、呼吸、心拍数などをリアルタイムで計測しようというものだ。心身の状態を把握することで、個々の状態に応じて「運動したい」「運動が楽しい」といった気持ちを起こしたり、運動内容や環境を変えるようなさまざまなプログラムやアプリケーションの開発が可能になる。 「まずは最も多面的に心身の状態を捉えられる心電図機能を備えたアンダーウェアの開発に取り組んでいます」と塩澤。共同研究メンバーに繊維素材メーカーである東洋紡株式会社が加わり、ウェア開発を担っている。 塩澤成弘が東洋紡と取り組む「心身の状態を計測できるアンダーウェア」 「計測のためにわざわざ着るのでなく、生活の中で身につけ、意識せずに心身の状態を測れるのが理想です。そのため衣服としての機能を損なわないよう心がけました」と塩澤が言う通り、できあがったプロトタイプは一見ただのアンダーウェアで着心地も普通の下着と変わらない。だが伸縮性に優れた特殊素材のアンダーウェアには電極がプリントされ、胸元に心電図を測る取り外し自在のデバイスが装着されている。 着心地だけでなく、安定して正確なデータを取得することも大きな開発課題だ。身体を動かすとウェアも動くため、常に一定の電極位置で測定できるとは限らない。そのためデバイスの性能を上げると同時に、より精度よくセンシングできるよう電極の位置や配線にも工夫を凝らす必要があったという。 伸縮性に優れた特殊素材に電極をプリントする。胸元に装着するデータ送出デバイスは取り外し自在。 1 2 「音のスポットライト」の下でしか聴こえない。一つの空間に複数の音領域を作り出す。 2016年8月1日更新 More Contents ISSUE #1:アジア ISSUE #2:災害と生きる ISSUE #3:スポーツ --> Issue #3:スポーツ New --> 先進技術で描く、運動が日常になる未来 New --> 障がい者も健常者も共に楽しめるスポーツ施設とは New --> 公正であるはずのスポーツを作っているのは誰? New --> 人の気持ちや行動を変える情報技術 New --> 「宇宙」を「スポーツ」に活かす New --> 体内で起きる運動効果のメカニズムに迫る New --> 日本のスポーツの現場に求められるアスレティックトレーナー ©Jero Honda New --> 地域のジュニアアスリートを育てる「食」。 New --> 信頼関係が「強いチーム」をつくる New --> スポーツの本質は「遊び」。それが社会を豊かにする源泉になる Radiant:Other Issues Issue #21脱炭素 --> Issue #20再生 Issue #19地域/Regional Issue #18ゲーム・遊び Issue #17家・家族 Issue #16音 Issue #15宇宙 Issue #14QOL Issue #13サステイナブル Issue #12環境 Issue #11ことば・文字・コミュニケーション Issue #10いのち Issue #9世界とつながる Issue #8こころ Issue #7KYOTO Issue #6機械と人の未来 Issue #5食 Issue #4少子高齢化 Issue #3スポーツ Issue #2災害と生きる Issue #1アジア About Us:研究・産学官連携 立命館大学研究・産学官連携 世界が抱える課題に対して、分野のBorderを超えた特色あふれる研究を展開する。 chevron_rightRead More chevron_rightNEWS & TOPICS chevron_rightEVENTS chevron_right大型研究プロジェクト chevron_right研究者の業績 chevron_right研究シーズ chevron_rightデータでみる研究成果 chevron_right研究機構・研究所・研究センター chevron_rightリサーチオフィス/問い合わせ先 このページに関するご意見・お問い合わせは 立命館大学 衣笠リサーチオフィスMail &#108;i&#97;&#105;so&#110;k&#64;&#115;&#116;&#46;rit&#115;um&#101;&#105;&#46;&#97;&#99;&#46;&#106;p 立命館大学 BKCリサーチオフィスMail &#108;&#105;&#97;&#105;s&#111;n&#98;@&#115;t.&#114;i&#116;&#115;&#117;&#109;&#101;&#105;&#46;&#97;&#99;&#46;&#106;&#112; 立命館大学 OICリサーチオフィスMail &#111;&#105;&#99;&#114;&#111;&#64;&#115;&#116;&#46;&#114;&#105;&#116;&#115;&#117;&#109;&#101;i&#46;&#97;&#99;&#46;&#106;&#112; 立命館大学 研究・産学官連携 RADIANT © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

ホットニュース

ビーベットの悪い評判は本当?リアルな口コミを調査 BeeBetの初回入金ボーナスの受け取り方!賭け条件や注意点 ... ボンズカジノ退会 マイアミオープンフェデラー
Copyright ©オンラインカジノアフィリエイト The Paper All rights reserved.